六月飛霜

HongKong その日気になったことをメモ

hk1217

 

 

・先日のCYさんに辞職を促す垂れ幕に続き、今度は太平山に「初心忘れるべからず」の巨大バナーが掲げられたという話題。

 

アップルデイリーのfacebook

蘋果日報 | Facebook より

 


蘋果日報 - 「拆一掛十」不是說說就算。 【巨幅再現】巨幅掛到太平山「勿忘初衷」... | Facebook

 

一つ外されたら十掲げよう、というまことに香港らしい気がする前向きな精神で運動は継続中。

 

 

 

 

・運動が続いている一方で、不審な動きも色々と伝えられ続けている。

 

よしはるさん[期間不定] (@kumaboh) さん Twitter

よしはるさん[期間不定] (@kumaboh) | Twitter より

 

 

 

議員だけでなく運動に関わる組織の学生達にも同様のことが起こっているという話もあり。

 

 

 

 

 

・肝心なことには回答しない、この2ヶ月雲隠れしていたという警察側のトップは、先日から、強制撤去終了後の警官たちによる記念撮影が非難をあびていることについて

”「人之常情」”とおっしゃったとのこと。

 


蘋果日報 - タイムラインの写真 | Facebook

 

 


人之常情の意味 - 中国語辞書 - Weblio日中中日辞典

 

任務終了後に記念撮影するのが、人間らしい行い、人の世の習い、だとは知りませんでした。

 

 

アップルデイリーの報道によると、警察側はまた、雨傘運動に参加していた学生組織のメンバーを何がなんでも年内に逮捕するという発言もしているそうですが、

撤去時に逮捕した時には、保釈を拒んで裁判を希望した学生や市民を、無条件で釈放したのは警察側でした。

占拠もほぼすべて終了した今、突然に正当性のある逮捕理由が出現する、あるいはさせる、ということなんでしょうか?

彼らは様々なことを覚悟したうえでこの運動に身を投じていますが、それは”何がなんでも”というような理由ではない理由で拘束されるということではないはず。

おかしなことが行われないように観察している人はいまだ大勢いる、ということを忘れないでいただきたいと心から願っています。

 

 

 

 

・アップルデイリーの社長であったジミー・ライ氏は、市民や学生たちと共に占拠区に残り逮捕された後、アップルデイリーの社長を退いただけでなく、壺グループ(香港の一大メディアグループ)全体からも退いたとのこと、

しかし絶対に壺グループ全体を売却はしない、と力強くおっしゃっていたということ。

ですが、それらのニュースもふくめしばらく前から何故かアップルデイリー紙を巡回して色々読んでいるとブチッとネットの接続が突然おかしくなるので、仕方なく現状は本サイトではなくfacebookなどのほうへのリンクを貼っていますが

 

相変わらず香港の今と雨傘運動のもようも、アップルデイリー紙、およびそのサイトでは伝え続けています。

 

蘋果日報 | 首頁

 

 

 

 

・先日、アドミラルティの占拠区撤去前夜に、ジョシュア・ウォンくんが「今までしたことのなかったことをした」と言っていた、占拠区を走り回って写したという写真がfacebookのアルバムで公開されていました。

 

 

清場前夕 | Facebook

 

 

プロの方が写した写真も素晴らしい瞬間、彼らの様々な表情をほんとによくとらえていたと思いますが、ジョシュアくんの、まだこの運動中に18歳になったばかりという本当にその年齢の男の子らしい気がする、友達や仲間、そしてみんなが残した思いをまっすぐに見つめているような、素直ないい写真だと思いました。

 

 

 

新たな道のりはまだ始まったばかり、けれど初めから多くの困難があるだろうとわかっている道。それでも彼らはまだ進み続ける。

コーズウェイベイの撤去も終了し、あとは政府総本部ビル(公民広場)前と添美道の歩道に残った人々。

これからまた運動の形も変わっていくでしょうし、今までほどここに残していくことも、少なくなっていくかもしれませんが

見続けていこうと思っています。

 

 

 

 

我愛香港,我願香港市民和学生們平安。

 

 

広告を非表示にする